脚本データベース

文化庁委託事業


ゲゲゲの鬼太郎

さら小僧
辻真先 水木しげる 久岡敬史
作家辻真先
原作者水木しげる
放送局[フジテレビ]
放送日不明
演出/監督久岡敬史
管理番号D02-00361-00
かなゲゲゲノキタロウ
ローマ字GEGEGENOKITAROU
分類台本
メディアテレビ
ジャンルアニメ
収蔵先倉庫にて保管中
あらすじ『ゲゲゲの鬼太郎』 墓場から生まれた幽霊族の少年・鬼太郎が、目玉だけとなった父親とともに人間に災いをもたらす悪い妖怪を、妖怪の能力や先祖たちの力が宿ったちゃんちゃんこ、下駄等を使って、目玉親父、猫娘、ぬりかべ、砂かけ婆、子泣き爺達のの力を借りて悪い妖怪を退治する。鬼太郎はいつかは人間と妖怪が共存できる平和な世界を目指したいという思いを常に持っている。時には困っている妖怪を助けるために悪事を働く人間を懲らしめるような話ももあり、全体的に勧善懲悪のエピソードが多い。時に鬼太郎と敵対する相手に取り入るねずみ男の存在はコミカルな味を出していて、人気も高いキャラクターである。水木しげる原作の漫画「墓場の鬼太郎」をアニメ化したもので、漫画は時に残虐な場面グロテスクにも見える妖怪の登場、社会風刺話を扱うことがあるが、アニメバージョンは鬼太郎の性格も他の仲間の妖怪も親しみやすい存在として描かれている。 1986年から放送が開始された第1シリーズは人気番組だったが、このシリーズのみモノクロアニメであった。(この時代テレビはモノクロ放送しかなかった)その後、テレビ番組のカラー化に伴って、第二シリーズ、第三シリーズはカラー放送となる。後にウェンツ栄士主演で実写映画も制作された。近年では2018年にアニメ第1シリーズ放送から50周年を迎え、記念として第6シリーズが放送されている。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
ゲゲゲの鬼太郎