脚本データベース

文化庁委託事業


魔女っ子チックル

安藤豊弘 永井豪 松永英,飯島敬,小野耕人 [吉田里保子,麻上洋子,駒沢トヨ子] 久岡敬史
作家安藤豊弘
原作者永井豪
プロデューサ松永英飯島敬小野耕人
放送局テレビ朝日
放送日不明
放送回39
主な出演[吉田里保子麻上洋子駒沢トヨ子]
演出/監督久岡敬史
管理番号D02-00162-00
かなマジョッコチックル
ローマ字MAJOKKOCHIKKURU
分類台本
メディアテレビ
ジャンルアニメ
収蔵先倉庫にて保管中
あらすじ『魔女っ子チックル』 小学校五年生になる小森チーコは、たった一人の親友であるミヨが北海道に引っ越してしまい気落ちしていた。そんな時にふと見つけた綺麗な絵本を開いてみると、絵本の中から怪獣に追いかけられる女の子が助けを求めてくる。 絵本の少女チックルに促されるままチーコが呪文を唱えると、チックルは絵本の中から飛び出してくる。 自分は魔法使いで、いたずらが過ぎたせいで絵本に閉じ込められてしまっていたのだと語るチックルは、魔法の力を使ってチーコの双子の姉妹として小森家の一員になる。 チックルは魔法をつかって様々な騒動を起こしては、チーコに叱られたり、共に事件を解決したりして、周囲の人々と打ち解けていくうちに人助けのために魔法を使って活躍するようになる。 チックルとチーコがラッキーペアなどと呼ばれ、次第に仲が良くなった頃、魔法の世界からチックルを連れ戻すべくオジャマ大王が現れる。 魔法使いが人間界にいてはいけないと、チックルに魔法界に戻るよう言い聞かせるオジャマ大王だが、チックルは人間界に残ることを望んでいた。 やむなくオジャマ大王はいろいろな騒動を起こしてその罪をチックルに着せ、居場所を奪おうとする。 家族や友人にこれ以上迷惑をかけられないと思ったチックルは、自分が魔法使いであること、魔法界は絵本の中に存在する事を全て話す。そして絵本がなくなれば魔法が使えない人間になってしまうことを話す。それでも人間界で暮らしたいと願うチックル。 オジャマ大王はチックルを連れ戻すことを諦め、チックルは小森家の一員として、普通の人間としての生活を送ることになるのだった。
  • ※[ ]内の情報は当団体の独自調査による参考情報であり、書誌原本に記載のあるものではありません。
  • ※映画、演劇に関しては、放送日の欄の記載は「公開日」「公演日」になっております。
  • ※ローマ字表記は「かな」から機械変換で表示しているため、不正確な場合があります。
魔女っ子チックル